タイルを組み合わせて、両隣の2人のプレイヤーとの間にひとつずつ「ふたつの街」を作っていくゲーム。

「商店」「工場」「酒場」「オフィス」「公園」「住居」の6種類の都市タイルを配置して4×4の16マスの街を作り、そのタイルの種類や並び、組み合わせによって高得点を目指していきます。


特徴は、両隣のプレイヤーとの間に1つずつの街を作り、より低い方の街の点数が自分の点数になるということ。
そのため、どちらか片方で手を抜いてもう片方に注力するといったことは出来なくなっています。


ゲーム中することは、毎ラウンド、配られたタイルから2枚を選び、左右の都市に1枚ずつを配置していくだけ。
4マス×4マスに配置するということ以外、コストや配置制限は無いので、通してプレイをするだけなら難しさは無いです。


タイルの選択肢は、1ラウンド目はランダムに配られた7枚から、2ラウンド目は残った5枚を隣のプレイヤーに渡し、その渡された5枚から、同様に3ラウンド目は残った3枚から、といういわゆるドラフトの仕組み。
CDEAF650-74A4-4E27-A555-5E60B5B1E878

4ラウンド目は特殊で、2マス分の大きさのタイルを、配られた3枚のタイルから左右の都市に1枚ずつ2枚を選びます。
DCEDC9D3-427E-4E14-B378-E7ACF6DD5149

5〜7ラウンド目は、1〜3ラウンド目と同様で、最終的に各1マスのタイル×6枚と2マスのタイル×1枚の8マス分を左右それぞれの都市に、2人分で16マス分の都市が完成する、という仕組みになっています。

7ラウンドが終わって、16マスの都市が完成したところで、タイルの種類ごとに得点計算をして終了。


この得点計算が、各タイルの種類ごとに計算方法が異なるため、高得点を目指すにはやや複雑。
とはいえ、このため、いろいろな高得点の目指し方があるのが良いところです。

なお、商店はまっすぐに繋がって商店街通りになっていた方が高得点、工場は多いほど良いものの工場隣の住宅は低い点数、オフィスと歓楽街は隣接しているとプラスで、酒場の種類は豊富な方が高得点、公園は大きいのが高得点で、住宅はいろいろ揃っている街の方が高得点、となんとなくイメージで街作りをしても点数に繋がるので、自分好みに街を作っても良いかと。

また、アイコンの形ではあるものの、各タイルにどのように得点になるのかの表示があるため、一旦説明を受けた上で表示を見ればスムーズにプレイできるかと思います。
3B9570CF-C370-4E9A-83F7-25F8097C796C

全員が同時に選択するため、最大プレイ人数が7人と多人数に対応可能なゲームですが、プレイ時間に大きな変化が無いのも良いところ。
強いて、両隣と相談するため、偶数人の方がプレイしやすいように思います。



タイトル Between Two Cities
プレイ人数 1人~7人
BEST人数(BGG) 5人~6人
プレイ時間 25分
複雑さ(BGG) 1.81/5.00
デザイナー Matthew O'Malley, Morten Monrad Pedersen, Ben Rosset
各BGG数値は投稿時点のものです。



↓↓ブログランキングと通販サイトの広告↓↓ クリックしていただけるとありがたいです。


by カエレバ
 ボードゲームふたつの街の物語 完全日本語版 (Between 2 Cities) 駿河屋